永代供養について【清谷寺】

永代供養とは

 

永代供養とは、お寺が続くかぎり供養をしていくことです。

永代供養の方法は二つあり、合祀と個別安置型があります。

合祀とは、骨壺からお骨を取り出し合葬すること。

個別安置型とは、骨壺から取り出さずに個別に安置することです。

清谷寺の永代供養塔「霊應塔」では、個別安置型の方法となっております。

合葬ではなく個別安置型なので、永代供養塔に安置した後でも、納骨堂やお墓に入りなおす事もできます。

清谷寺では、春彼岸と秋彼岸の法要の時に、永代供養塔のご供養もさせていただきます。

霊應塔