清谷寺境内のイチョウの木

清谷寺境内には樹齢100年以上のイチョウの木があります。

イチョウの木は平安時代に留学僧が聖なる木として中国大陸から日本に持ち帰ったとされています。

また火事の時には水を吹くとゆうくらい火に強い木なので、防火樹として神社仏閣に植えられています・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です