久山の自然

実るほど頭を垂れる稲穂かな

稲の穂は実るほどに穂先が低く下がるものです。 人も偉くなればなるほど、謙虚な姿勢で人と接することが大切であり、会社も成長・発展すればするほど、会社の態度・社員の態度が丁重にならなければならないという事です。謙虚な気持ちが大切とゆう事ですね。

稲

昔の人達は自然と共に共存していたのでしょうね、自然を敬うことは忘れてはいけない事だと思いますよ。

なぜなら生命の源だからです。

田んぼ
田んぼ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です