「文は一紙に欠け、行はすなわち14、謂うべし、簡にして要、約にして深」

弘法大師、空海は「文は一紙に欠け、行はすなわち14、謂うべし、簡にして要、約にして深」と述べられています。
簡素にして明瞭で、仏法の根本的思想を伝える、お経です。
一緒に声に出して読んでみてくださいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です