三法印

仏教が最も大切にしている考え方を三法印と言います。
これは仏教思想の特徴を、のちに整理したもので、諸行無常、諸法無我、涅槃寂静の3つです。
三法印に関係深いものに十一世紀頃日本でつくられた「いろは歌」があります。
「色は匂えど散ぬるを 我が世誰ぞ常ならむ 有為の奥山今日越えて 浅き夢みじ酔いもせず」
前半は諸行無常を、後半は涅槃寂静を歌っています。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です