仏教のことわざ

袖触れ合うも他生の縁
道すがら人と触れ合うような些細な事でも、偶然の産物ではなく、前世からの深い因縁によるものとゆう事です。
他生は今生から考えて過去世、来世のことで「多生」は古代インド以来の輪廻転生思想の、何度も生まれ変わるとゆう認識から来ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です