見た事、聞いたことは書き留めておくが肝要

見た事、聞いたことは書き留めておくが肝要

吉田松陰は、読書でも物事の要点をつかみ取ることが大切であると考え、そのため読書をする時間の半分はメモを費やすよう、門弟たちに指導していた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です