一大事 般若心経【清谷寺本堂10.8】

一日一日を重ねてゆく歳月、空しく過ご
してきたとは思わないが、取り返しのつか
ぬ歳月というものが、近頃ほど重く心にか
かるものはない。残りの時間が、はっきり
してきたからであろう。テレビを見ている
と、歳月を重ねてきた木が切り倒され、歳
月を重ねてきた石や岩が打ち砕かれ、目前
から消えてゆく。その空しさが、教えてく
れるのは、一大事とは今日只今の事なり、
という仏語である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です