念ずれば 花ひらく【清谷寺本堂】11.7

念ずれば
花ひらく
苦しいとき
母がいつも口にしていた
このことばを
わたしもいつのころからか
となえるようになった
そうしてそのたび
わたしの花がふしぎと
ひとつひとつ
ひらいていった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です