わたしの道【清谷寺納骨堂】

あなたはあなたの道を行け
わたしはわたしの道を行く
これがわたしのすべてだ。そのために
不幸になろうと孤独になろうと、敢えて
悲しむまい。詩はわたしにとってこれを貫く
矢のようなものだ。そういうことを目覚めて
強く思う。もう誰も何者をも羨むこともない。
自分は自分の道をまっしぐらに行けば
よいのである。勤めをやめてから、このこ
とがいよいよわたしの骨髄を一本強く貫い
た感がする。
坂村真民

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です