【人に嫌われぬための五箇条】般若心経 清谷寺本堂

【人に嫌われぬための五箇条】

一、初対面に無心で接すること
有能な人間ほど、とかく慢心や偏見があり、
どうしても有心で接する、これはいけない。

一、批評癖を直し、悪口屋にならぬこと

一、努めて、人の美点・良所を見ること

一、世の中に隠れて案外善(よ)いことが
行われているのに平生(へいぜい)注意すること

一、好悪を問わず、人に誠を尽くすこと。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です