冬の短歌【清谷寺】般若心経

                                   朝ぼらけ 有明の月と みるまでに

                      吉野の里に ふれる白雪


                     坂上是則(31番) 『古今集』

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です