2月15日、博多の聖福寺に【清谷寺】

涅槃会

 

2月15日は、お釈迦様の入滅なさった日で、お寺で涅槃会とゆう法要がおこなわれます。

涅槃とゆうのは、ニルヴァーナの訳語で迷妄のなくなった心の境地を指す言葉ですが、この涅槃会はお釈迦様がなくなった日となります。

ちなみに涅槃物には、目が開いている涅槃仏と目を閉じている涅槃仏があります。

目を開いているのは、最後の説法をしている姿

目を閉じているのは、亡くなった後の姿です

聖福寺

 

清谷寺は、聖福寺一派の東部寺院です。

下の写真は、聖福寺の仏殿で執り行われた、涅槃会の写真です。

涅槃会 聖福寺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です