磨く【清谷寺】般若心経

磨く

鈍刀をいくら磨いても
無駄なことだというが、

何もそんなことばに
耳を借す必要はない。

せっせと磨くのだ。
刀は光らないかもしれないが、
磨く本人が変わってくる。

つまり刀が
すまぬすまぬと言いながら、

磨く本人を
光るものにしてくれるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です