般若心経【清谷寺納骨堂】3.22

平家物語

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり
娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理ことわりをあらはす。
おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。
猛き者もつひには滅びぬ、ひとへに風の前の塵ちりに同じ。

副住職一言

平家物語の一節です。

祇園精舎の鐘の音が、この世の中に永遠はないとゆう事を言っているようですね

その情景を想像すると少し寂しい気もしますが

生があると死がある、始めがあると終わりがある、とゆうのが現実です。

今とゆうこの時を生きるためには、この事を認識することが大切ですね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です