苦しんでいる人たちへ【清谷寺】

坂村真民さんの詩

苦しい時こそ

一念を見出して生きていきたいものです。

ただ、苦しい時は、自分自身の思考が凝り固まっていて、どうにもならない状態だと思います。

そんな時は

動きましょう

散歩なり、走るなり、体を動かしてから

瞑想

汗をかいた後に、静かに心を落ち着けましょう。

どん底の時は、

毎日が自分との戦いの連続です。

自分の状態を客観的に見て、自分に必要な行動をしましょう。

声に出して読んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です