生きてさえいれば【清谷寺】

坂村真民さんの詩です

鳥は飛ばないといけない

人は生きなければならない

鳥は、寒くても、暑くても、飛ばないといけない、

人間は、苦しくて、苦しくて、しょうがない時だって生きなければならない。

生きてさえいれば、なんとかなる、じゃなく、なんとかする、という言葉を積極的に使う事によって、気持ちも、盛り上がってきますよ。

苦しい時は、誰にでもあります。

苦しい時は、忍耐と知恵です。

自分の発する言葉を使う事によって、必ず道は開けます。

忍耐と言葉は、苦しみから、脱却する知恵です。

さぁ、急がず、焦らず、一日一日を懸命に生きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です