他人と比べない【清谷寺】

自分の人生なのだから

他人と比べて、愚痴を言ったり、妬んだりするんではなく、自分の人生を生きましょう

自分の人生って

それは、今やるべき事、今、あるものに感謝する事に気づく事です

物が無い時代だったら

食糧や、いろんな便利な物が無い時代だったら、今、感謝する気持ちは自然にでてきたのかもしれません

じゃあ、どうすれば‥

それは、感謝する言葉を多く使う事です

言葉には、魂が宿ります

だからこそ、「ありがとう」など感謝の言葉を多く使う事で、自然と、感謝の気持ちがでてきますよ

使う言葉を変えていく事で行動も変わります

そして、感謝する事によって、自分がするべき事が見えてきますので、見えてきたら、それを懸命にする事が大切です。

人生は、一度きりです、他人と比べる人生じゃなく、自分の人生を生きてください

本堂建築のために【清谷寺】

清谷寺本堂、老朽化のため

清谷寺では、本堂建築のために、寄付を受け付けております

寄付をしていただけた方には

本堂建築のために、寄付をしていただけた方には、清谷寺に安置されている、お地蔵さま【平安時代作】の修復の時にでた、木片が納められた、お守りを謹呈させていただきます。

平安時代作のお地蔵さま

清谷寺本堂に安置されている、お地蔵さまです

お地蔵さまの木片の入ったお守り

ご寄付をいただけた方には、修復の時にでた、お地蔵さまの木片の入ったお守りを謹呈させていただきます。

感謝する事は自分で【清谷寺】

感謝

感謝する事は、本で学ぶ事でも、人から教えていただく事ではありません。

自分で、いろんな経験をして発見していくものです

苦しい時、悲しい時を乗り越えて、現在の状況をどう理解するか、どのようにしたら良いのかを真剣に考えないといけません。

自分を苦しめている正体が自分であるとゆう事に気づいたなら、そこからスタートです

なぜなら、自分との戦いが始まるからです

仏教では、禅定とゆう教えがあります

精神を集中する事です

日本では、坐禅、念仏などなどですね

坐禅三昧になる、念仏を唱え続ける事によって、そのものになっていく事で、自分を無くしていく

そうやって、愚痴や不平不満を無くして、今とゆう事に気づいたなら、そこから感謝って事に気付くようになりますよ

あなたが、不平不満、愚痴、陰口などを言っているなら、まずは、それを無くす努力をしましょう

世界は自分の中にありますよ

その世界を平和な世界にしたいのなら、ぜひ禅定【坐禅】【念仏】など実践してみてください。

感謝の気持ちがあれば、幸せになれますよ。

精進料理【清谷寺】

精進料理

精進料理とは、肉を使わない料理とゆう意味だけではありません

精進料理とは、美食を戒め、粗食であれとゆう行でもあります。

私が作る、精進料理は、今、ある食材で作るとゆうのを主題として置いてます

今あるものを見て、考える、それが大切です

いまある食材を工夫してどのような料理にするのかを考える知恵こそ、私達が必要な知恵だからです

その知恵は

無いからできないではなく、今あるもので、なんとかするです。

怒りは損をする【清谷寺】

世の中、いろんな人がいて、自分の主義主張を怒りと共に主張してくる人がいます

自分自身に降りかかってくると、怒ってしまいますよね

そんな時、静かに相手の怒りに振り回されず、静かに話を聞いてみてください

それで相手が落ち着くようなら、話をすればいいですよ

話をしてあげると、相手のことがわかりますから

それでも、言ってくるなら石になりましょう

静かに座っている石です

怒りをうつされては、自分が苦しいだけですよ

静かに目を見て静かに聞いてあげたら良いですよ

時がすぎれば、怒りも終わります

解決しようなんて、考えない、相手を変えようなんて思わない、悪いとも思わない、良いとも思わない

何も思わない、石になって話を聞きましょう

愚痴なんて言ったら駄目ですよ。

スッキリするのは、その時だけです

時がすぎて、考えれば、どうするのかを考えて実行しましょう

自分の意思は石です

何事にも振り回されない、自分なりの石をもちましょう

良い事をすれば、良い方向に悪いことをすれば悪い方向に行きます

これは、世の常です

あなたが、幸せになりたいなら怒りの炎を消して石になりましょう

苦しみや闇をどう生かすのか【清谷寺】

苦しみは、永遠に続くものではありません。

苦しみに囚われていると、永遠に苦しみが続くと思ってしまうかもしれません

世の中は空です。

移り変わるのです。

自分の心も移り変わります

変わらないのは、心が囚われているからです

坐禅会で出す、胡麻豆腐【清谷寺】

第三土曜日、午後19時からある坐禅会で、出す胡麻豆腐です

姿勢を整えて、呼吸を整え、心を整えます

悩み苦しみの中で生きるからこそ、自分の中の心を見つめ直しましょう

気づく事ができたなら、わかるはずです

この世の苦しみは、自分の中にあるものだと

坐禅の後に、住職手作りの胡麻豆腐がでます

参加自由です

今回は8個しかありません

参加希望の方はご連絡ください。

生麩を作ってみました【清谷寺】

強力粉から、グルテンを抽出して白玉粉と混ぜて、生麩を作ったので、人参の酢の物、生麩の田楽、生麩入り清汁を作って、本堂でいただきました🙏

静かな場所で、ゆっくり食べる事は心の安らぎにつながりますよ

今を生きましょう【清谷寺】

人は、いつか死んでしまいます

だからこそ、人の悪口や、不平不満を言って、大切な時間を使うのは辞めてみませんか⁇

悪口や不平不満は、自分自身を毒します。

そんな、言葉よりも、自分に力を与えてくれるような言葉を使いましょう。

その、言葉は、ありがとうです。

自分の気持ちを、楽にさせてくれる、言葉ですよ。

是非、いろんな場面で、積極的に使ってください。

悩んでいる人へ【清谷寺】

悩んでいる方へ

今は、苦しくても、なんのために生きるのか、なんのために、事業を継続するのか、今、悩みに対して、どう対処したら良いのかを、紙に書いて念じてみてください。

そして、考え、考え、行動すれば、必ずや道は開けますよ。

なによりも、生きる事が大切です。

辛くても【清谷寺】

不遇な時でも。

そこに、囚われていたら、そのままになってしまいます。

辛い経験を通して、自分を成長させていきましょう。

辛い事を自分の糧にするならば、あなたの道は開けます。

人に優しくなれます。

世の中は、すべて移り変わります。

そのままが続くわけでは、ありません。

忍耐と努力です。

一度きりの人生、精一杯生きていきましょう。

気持ちが、凝り固まらないように【清谷寺】

何かに、つまづいて滞った時、人は努力を忘れてしまいます。

心が水のように、常に流れていれば、心が濁る事なく、新しい目標設定、現状を把握し改善、実行ができます。

心が濁る事なく、自分を信じて努力すれば、あなたの所思は必ず成し遂げられますよ。

苦しんでる人へ【清谷寺】

坂村真民さんの詩です

良い本を、読む事は、大切ですよ。

本は、色んな学びがあります、自分を勇気づける、きっかけにもなるし、自分の行動を帰るきっかけにも、なります。

今からじゃ、遅いなんて言葉は、使わない

人生、今からです。

過去に囚われず、未来に悩まず。

今を生きましょう。

さすれば、良い本を読んで、心に美しい火を燃やし、人生は、尊かったと思う日がくるでしょう。

あなたの人生は一度きりです。悔いの無い人生を送ってください。

生きてさえいれば【清谷寺】

坂村真民さんの詩です

鳥は飛ばないといけない

人は生きなければならない

鳥は、寒くても、暑くても、飛ばないといけない、

人間は、苦しくて、苦しくて、しょうがない時だって生きなければならない。

生きてさえいれば、なんとかなる、じゃなく、なんとかする、という言葉を積極的に使う事によって、気持ちも、盛り上がってきますよ。

苦しい時は、誰にでもあります。

苦しい時は、忍耐と知恵です。

自分の発する言葉を使う事によって、必ず道は開けます。

忍耐と言葉は、苦しみから、脱却する知恵です。

さぁ、急がず、焦らず、一日一日を懸命に生きましょう。

いがみ合う事なく【清谷寺】

人は時間という流れの中で生まれ、時間という流れの中で死んでいきます。

全員、同じです。

人生は一度きり。二度も三度もあるわけでは、ありません。

家族、友人、職場関係、いがみ合う事なく、手を取り合い、楽しい流れにしたいと思いませんか⁇

愚痴や不平不満を言う前に、「ありがとう」という言葉を言ってみてください。

言葉には、魂が宿るというように、「ありがとう」という言葉が、あなたを幸せにしてくれますよ。

悩み続けてる人へ【清谷寺】

川の流れが止まると、水が濁ります。

人の思考も同じで、ひとつの物事に囚われていると、心も濁ってきますよ。

濁らないためにも、客観的に自分自身を見つめ直してみましょう

それでも、駄目なら、悩みを書き出してみましょう。

それでも、駄目なら、思いっきり悩みましょう。

そして、自分を救う方法を考えましょう。

時が、たてば、必ず落ち着きます。

考える事をやめない、続ける、方法を考える、情報を集める、大切な事です。

一度きりの人生、命をたとうなんて、考えては、いけません。

解決できない事なんてありません、解決できないと決めているのは、自分です。

悩みや、苦しみは、自分との戦いです。

勝とうと思わない、負けようとも、思わない。

自分を救う戦いですよ。

道は必ず、開けます。

忍耐、精進して道を切り開いてください🙏

人を変えようなんて思わない【清谷寺】

今、悩んである方へ、人を変えようと思わない事、それは、悩みになり、苦しみになり、怒りになります。

愚痴や不平不満は、自分にとって、毒になります。

自分が、苦しい状態が続くのは、誰にとっても嫌な事です。

そう、変えられない事は、受け入れ、帰れる事を変えましょう。

変えられるのは、自分だけです。

自分が変われば、人も変わります。

行動も変わります

思考も変わります

そしたら、未来も変わります。

苦しみを受け入れ、自分を変えていってください。

おのずと、道は開けますから。

未来や過去に悩まない【清谷寺】

大切なのは、未来や過去では、なく、今であります。

過去は、変えたくでも変えれません。

未来は、変えたいなら、今を、変えるしかありません。

どうしようもない事、を悩まない、それが、知恵です。

未来を変えたいなら、今を、懸命に生きていきましょう。

心構え【清谷寺】

坂村真民さんの詩です

執着すると、滞ってしまいます。

執着せず、川のように流れて、いなくてはなりません

頭は常に冷えていなくては、なりません。

頭に血がのぼってると、冷静な判断ができません。

目はいつも澄んでいなくてはなりません。

清らかな心でいなくてはなりません

心は常に燃えていなくては、なりません。

川のように流れ、冷静に物事を判断し、情熱を持って生きていきましょう。

人生に苦悩は、付き物です、苦しみ、解決していくことこそ、人生の生き甲斐ですよ。

自分なりに【清谷寺】

自分なりの歩き方

自分の人生、人に自分の心に操られる事なく、しっかりと自分自身と向き合い、自分なりの歩み方を見つけましょう。

ただ、人生、苦難は付き物、苦難こそ、成長の時、順調な時は、気を引き締める時、堕落しないように、今を生きる事が大切です。

坐禅体験

地域の子供達

久山町、上山田地区の坐禅体験がありました

子供達

子供達は、坐禅に興味津々。

  • 背筋をビシッと伸ばして20分を2回。
  • 休憩の時は、「長かった」や「足が痛かった」など色々な意見が出ました。
  • 2回目は、警策が周り、子供達にも緊張感が出て、ビシッと坐っていましたよ。
  • 最後にお話し
  • 子供達が敬語の勉強をしているそうなので
  • こんな話をしました
  • 言葉には魂ってのが宿ります。
  • 勉強が嫌って言うと嫌になるし、出来ないって言うと、できなくなる、良い言葉を使うように心がけてください、
  • ただすぐに、全ての言葉が思いが、学んで変わるわけではないので、初めにこの言葉を使えるようにしてください。
  • それは、
  • ありがとうございます
  • これは、大切な言葉ですよ。
  • そこには、感謝と言う魂が宿ります。

永代供養塔にお参り【清谷寺】

永代供養塔お参り

今日、永代供養塔に納骨された方がお参りに来られました。

お花を、お供えしていただきたいとの事でしたので、御本尊様の前に、お花を、お供えさせていただきました。

そして、永代供養塔の中でお参りをしていかれました。

清谷寺の永代供養塔は期別安置です

個別安置型なので、個人様の骨壺の前でお参りできます。

お参りは心の安らぎであります

亡くなられた方の事を思う、感謝するお参りは、自分の中に安らぎを与えてくれますよ。

いつでも見学可能

いつでも見学は可能ですが、永代供養塔の入り口は、鍵が、かかってますので、中を見学されたい方は、事前にお問合せください。

清谷寺本堂で、お習字。

習字

せいこく保育園の年長さんが、お習字の稽古に来ました。

習字を教えているのは清谷寺住職です。

静かな本堂で学ぶことにより、保育園でするよりも集中することができます。

せいこく保育園

せいこく保育園は、10年前に開園しました。

せいこく保育園の主の目的は、礼儀ができる子供を育てる事です。

ありがとうございます、おはようございます、おやすみなさい、ごめんなさい、などの、相手を思いやる言葉が、生きていく上では大切なことです。

もうすぐ秋ですね

彼岸花

 

お彼岸が近づいてくると、道端に赤い花が咲き始めます

その花は彼岸花、別名、曼珠沙華です。

彼岸花は、赤い印象から、情熱、思うのはあなた一人とゆう花言葉とは、対照的なあきらめ、悲しい思い出とゆう花言葉もあります。

あきらめ、悲しい思い出とゆう花言葉は、彼岸花が墓地に植えられたとゆう事から連想されてできたとゆう説があります。

 

蓮の花をいただきました。

蓮の花

 

蓮の花を頂いたいたので、本堂に活けました。

花言葉

 

清らかな心

神聖

離れゆく愛

雄弁

「清らかな心」の花言葉は、蓮の花が泥水の中か

ら、気高く清らかな花を咲かせるところにちなんで

いるそうです。

社会の中で色々な、もめ事や、イジメ、生活苦など

の泥沼の中でも、蓮の花のように気高く清らかな心

で生きていきたいですね。

蓮の花は、花が咲いたら、すぐに散ってしまいま

す、清らかな心も気を緩めると・・

気を緩めずに、自分の心を見つめなおしていく事が大切です。