他人と比べない【清谷寺】

自分の人生なのだから

他人と比べて、愚痴を言ったり、妬んだりするんではなく、自分の人生を生きましょう

自分の人生って

それは、今やるべき事、今、あるものに感謝する事に気づく事です

物が無い時代だったら

食糧や、いろんな便利な物が無い時代だったら、今、感謝する気持ちは自然にでてきたのかもしれません

じゃあ、どうすれば‥

それは、感謝する言葉を多く使う事です

言葉には、魂が宿ります

だからこそ、「ありがとう」など感謝の言葉を多く使う事で、自然と、感謝の気持ちがでてきますよ

使う言葉を変えていく事で行動も変わります

そして、感謝する事によって、自分がするべき事が見えてきますので、見えてきたら、それを懸命にする事が大切です。

人生は、一度きりです、他人と比べる人生じゃなく、自分の人生を生きてください

感謝する事は自分で【清谷寺】

感謝

感謝する事は、本で学ぶ事でも、人から教えていただく事ではありません。

自分で、いろんな経験をして発見していくものです

苦しい時、悲しい時を乗り越えて、現在の状況をどう理解するか、どのようにしたら良いのかを真剣に考えないといけません。

自分を苦しめている正体が自分であるとゆう事に気づいたなら、そこからスタートです

なぜなら、自分との戦いが始まるからです

仏教では、禅定とゆう教えがあります

精神を集中する事です

日本では、坐禅、念仏などなどですね

坐禅三昧になる、念仏を唱え続ける事によって、そのものになっていく事で、自分を無くしていく

そうやって、愚痴や不平不満を無くして、今とゆう事に気づいたなら、そこから感謝って事に気付くようになりますよ

あなたが、不平不満、愚痴、陰口などを言っているなら、まずは、それを無くす努力をしましょう

世界は自分の中にありますよ

その世界を平和な世界にしたいのなら、ぜひ禅定【坐禅】【念仏】など実践してみてください。

感謝の気持ちがあれば、幸せになれますよ。

精進料理【清谷寺】

精進料理

精進料理とは、肉を使わない料理とゆう意味だけではありません

精進料理とは、美食を戒め、粗食であれとゆう行でもあります。

私が作る、精進料理は、今、ある食材で作るとゆうのを主題として置いてます

今あるものを見て、考える、それが大切です

いまある食材を工夫してどのような料理にするのかを考える知恵こそ、私達が必要な知恵だからです

その知恵は

無いからできないではなく、今あるもので、なんとかするです。

怒りは損をする【清谷寺】

世の中、いろんな人がいて、自分の主義主張を怒りと共に主張してくる人がいます

自分自身に降りかかってくると、怒ってしまいますよね

そんな時、静かに相手の怒りに振り回されず、静かに話を聞いてみてください

それで相手が落ち着くようなら、話をすればいいですよ

話をしてあげると、相手のことがわかりますから

それでも、言ってくるなら石になりましょう

静かに座っている石です

怒りをうつされては、自分が苦しいだけですよ

静かに目を見て静かに聞いてあげたら良いですよ

時がすぎれば、怒りも終わります

解決しようなんて、考えない、相手を変えようなんて思わない、悪いとも思わない、良いとも思わない

何も思わない、石になって話を聞きましょう

愚痴なんて言ったら駄目ですよ。

スッキリするのは、その時だけです

時がすぎて、考えれば、どうするのかを考えて実行しましょう

自分の意思は石です

何事にも振り回されない、自分なりの石をもちましょう

良い事をすれば、良い方向に悪いことをすれば悪い方向に行きます

これは、世の常です

あなたが、幸せになりたいなら怒りの炎を消して石になりましょう

坐禅会で出す、胡麻豆腐【清谷寺】

第三土曜日、午後19時からある坐禅会で、出す胡麻豆腐です

姿勢を整えて、呼吸を整え、心を整えます

悩み苦しみの中で生きるからこそ、自分の中の心を見つめ直しましょう

気づく事ができたなら、わかるはずです

この世の苦しみは、自分の中にあるものだと

坐禅の後に、住職手作りの胡麻豆腐がでます

参加自由です

今回は8個しかありません

参加希望の方はご連絡ください。

悩んでいる人へ【清谷寺】

悩んでいる方へ

今は、苦しくても、なんのために生きるのか、なんのために、事業を継続するのか、今、悩みに対して、どう対処したら良いのかを、紙に書いて念じてみてください。

そして、考え、考え、行動すれば、必ずや道は開けますよ。

なによりも、生きる事が大切です。

団体坐禅会【清谷寺】

団体坐禅会

 

先日、清谷寺本堂で団体坐禅会がありました。

呼吸、身体、心を調えられたでしょうか

これを機会に妙心寺派の生活信条の一つ、「一日一度は静かに坐るって身体と呼吸と心を調えましょう」を実践していって頂きたいものです。

坐禅会が終わった後に

 

豆腐のピーマン味噌田楽です。

「美味しい」との声が聞けて、嬉しかったです。

人に喜んで頂けることは、私の幸せでもあります、これからも精進していきたいと心から思える貴重な体験でした。

有難うございました。

ムカゴご飯です【清谷寺】

ムカゴご飯

 

ムカゴは、山芋のツルにつく種のようなもので、山芋の赤ちゃんになります。

ムカゴは、カリウム、カルシウム、葉酸、食物繊維、同が豊富です。

カリウムには、疲労回復、利尿作用などの効能があります

それだけではなく、体内の細胞の中でナトリウムと一緒になってバランスを取りながら高血圧を防いでくれます。

 

ムカゴご飯

せいこく保育園の子供達と坐禅(^^♪

子供達と坐禅

 

せいこく保育園の子供達は、清谷寺本堂でお参りした後に坐禅をします。

姿勢を正して、静かに坐る事を継続していけば、自然と姿勢が良くなり集中力も身についてきます。

大人の坐禅は、第三土曜日に清谷寺本堂で行っています。

参加されたい方は、清谷寺までご一報ください。

 

 

7月29日、お施餓鬼の法要がありました

お施餓鬼

7月29日、清谷寺本堂で、お施餓鬼の法要がありました。

仏教の教えの中に六道とゆうのがあります。

  • 天道
  • 人間道
  • 修羅道
  • 畜生道
  • 餓鬼道
  • 地獄道

の六つです。人々の行いの結果、六つの世界(輪廻転生)に生まれ変わると言われています

その中の一つ、餓鬼道(常に飢えと渇きに苦しむ世界)に落ちた人々のために、食べ物や飲み物の供物を施すのがお施餓鬼法要です。

施すだけではなく、自分自身の行いも改め、一日一日を精進していきたいものです。

お施餓鬼

夢を持つ【清谷寺】

挫けそうな時に、生きる力、学ぶ力を与えてくれた言葉です。

夢を持ち、その夢のために苦悩の中でも努力をしていく、それがとても大事な事。

その夢が叶わなくても、努力は報われます。

今日に写経🙏

般若心経の写経です🙏

迷いも、悟りもない。

迷うから悟のであって!

悟から迷うにであります!

おおいに迷って、おおいに悟って‼︎

生きて生きましょう。

苦しい時は、1日1度は静かに坐って体と呼吸と心を調えましょう。

宗教ってゆうのは、生活の中にあってこそ宗教なんです。

どこぞこの宗教だからってのは、争いの原因です‼

自分の信じた生き方を、懸命に生きていく姿こそ美しいのです🙏

般若心経の写経【清谷寺】

本堂で般若心経の写経をしました🙏

静かな場所で、写経をすると気持ちが安らぎます

継続して行く事によって、字も自分に気持ちみ変化してきます。

何気ない行為ですが、私の人生において写経は、大変大きな変化を与えてくれている行為であります🙏

最後に本尊様の前にお供えして1日の始まりです🙏

ヨモギ団子のお供え【清谷寺】

ヨモギ団

ヨモギ団子を作りました。

とても美味しいヨモギ団子、私が作ったのは、アンコなしのヨモギ団子。

ヨモギの味が濃厚で、まさしく団子の形のヨモギって感じがします。

その味が好きだったりします。

後味も、ヨモギ団子を食べた〜って後味です(笑)

嫌いな人もいると思いますが、好きな人もいるはず。それでいいんです.

みんな違うんですから、違う意見を持つ人も大切なんですよ。

坐禅【清谷寺】

坐禅

せいこく保育園の子供達と坐禅をしました。

子供達は、坐禅をすることによって、姿勢が良くなってきます。

静かな場所で静かに坐ることで、「気持ちよかった~」と言ってくる子もいます。

私たちは、日常的に坐ることで、自分を見つめ直します。

静かに坐り、自分を調える事は大切な事ですよ

坐禅

 

五十音の音読

見様見真似で、生け花をしてみました【清谷寺】

生け花

 

昨日、生け花をしている人を見て、してみたいと思ったので、お花を生けてみました。

大学のころの、お花の授業を思い出しながら、生けてみました。

今日から、お花の勉強もしていきたいと思います。

自分なりの表現として。

お花

般若心経【清谷寺納骨堂】4.21

念ずれば花ひらく
念ずれば花ひらくと
唱えればいいのです
ただ一心に唱えればいいのです

花が咲くとか
咲かぬとか
そんな心配はいりません

どうかあなたの花を
あなたの心田(しんでん)に
咲かせてください
必ず花はひらきます

坂村真民

 

 

乾杯【清谷寺本堂】4.18

乾杯

さあこれから収入がなくなるのだ
お互い覚悟していこう
乾杯
これは妻と二人でかわした
変わった乾杯であった
今の私に一番大切なのは
残された後わずかな年を
どう生きていくかとゆう事にある
なにものにも束縛されず
詩一筋に生きりためには
どうしても収入の道を
断たねばならぬ
だからこれは出離への
門出の乾杯といってもよかった
悲壮感がなかったのが
なによりも救いであった
わたしは妻に感謝した
坂村真民