坐禅会で出す、胡麻豆腐【清谷寺】

第三土曜日、午後19時からある坐禅会で、出す胡麻豆腐です

姿勢を整えて、呼吸を整え、心を整えます

悩み苦しみの中で生きるからこそ、自分の中の心を見つめ直しましょう

気づく事ができたなら、わかるはずです

この世の苦しみは、自分の中にあるものだと

坐禅の後に、住職手作りの胡麻豆腐がでます

参加自由です

今回は8個しかありません

参加希望の方はご連絡ください。

久山町 清谷寺のお地蔵さま

お地蔵さまは、サンスクリット語でクシティ・ガルバといい、クシティは「大地」、ガルバは「胎内」などのを意味があります。お地蔵さまは「大地の母胎」を意味しています。大地がすべての命を育む力を蔵するように、苦悩の人々を無限の大慈悲の心で包み込み救うところから「地蔵」と名づけられたとも言われています。

清谷寺のお地蔵さまは、糟屋郡久山町のトリアス付近にあった正眼寺にあったとされています。