清谷寺住職挨拶

はじめまして、福岡県糟屋郡久山町にある寺院、霊應山 清谷寺【せいこくじ】住職 柴田 自戒(ジカイ)です。

清谷寺住職

 

 

 

 

 

 

清谷寺は、コストコがある、久山トリアスから、徒歩で10分の所のある禅寺です

清谷寺には、認可外保育園せいこく保育園を運営していますので、せいこく保育園の園長でもあります。

私は、この清谷寺に昭和56年に生を享け、京都の花園大学(仏教学科)を卒業して、臨済宗妙心寺派、万寿寺専門道場で修業、修行から帰ってきて清谷寺副住職を務めて2020年に清谷寺住職に就任しました

これからの活動

私の住職在任期間中の目標としましては、後世の人のために清谷寺本堂建築、そして、仏教とゆう素晴らしい教えを広げ、たくさんの人々の悩みをなくしていける努力をする事です。

その目標を達成するために、認可外保育施設、せいこく保育園永代供養塔「霊應塔」があります。

歴代の住職、檀信徒の思いを残すために

私は、清谷寺本堂建設とゆう目標をもっています

清谷寺には、平安時代からの地蔵菩薩様、十一面観音様が安置されているように、長い歴史があります

その長い歴史の中で、歴代住職と檀家さん、信者さんが清谷寺を守ってこられました

歴代の人々の思い、信仰の場としての清谷寺を、後世の住職や檀家さん、信者さんに、伝えていけるように、清谷寺本堂建設を目標としています。

清谷寺本堂建設事業の一環として、清谷寺には、永代供養塔「霊應塔」があります。

たくさんの方がお寺に来れるように

永代供養塔「霊應塔」、たくさんの方が清谷寺にご来寺、いただけるように宗旨宗派を問わないとゆう事にしました

永代供養塔に入る入らないは別として、清谷寺まで来てくださった方と、いろいろな話ができるので、永代供養塔を建設して良かったと感じています。

清谷寺の永代供養塔の名前の由来は、「霊應山 清谷寺」の山号からいただき、石碑の霊應山の字は、先代の住職柴田昭道の書いた字が彫ってあります。

 

永代供養塔「霊應塔」

永代供養塔「霊應塔」

寺小屋のような、お寺の保育園(せいこく保育園)

せいこく保育園は、私が副住職の時に先住職、柴田昭道が、清谷寺の社会福祉事業の一環として、せいこく保育園を開園しました。

せいこく保育園は、認可外保育園とゆう事で運営は大変ですが、挨拶ができる子、姿勢が良く自信がある子を育んでいきたいと考えています。

せいこく保育園の子供達

 

写真活動を通して

せいこく保育園が、認可外保育施設とゆう事もあって、不安に思われる方が多く、不安を取り除くため、せいこく保育園の日常生活を写真で伝え、保護者の方が安心できるように、Instagramにせいこく保育園のページを開設し、写真活動をしています。

同時に、清谷寺、Instagramページを開設し、悩める人たちが、坂村親民さんの詩や中村天風さんの詩に巡り合い、心の支えとなってくれればとの思いから投稿を継続しています

清谷寺での作庭や、精進料理なども掲載しています

清谷寺本堂が建設出来たら、精進料理を食べていただく場も設けたいと考えています。

住職の活動は、自戒住職の活動ホームページに記載しています

目標は

目標は、自分の行動を考えていくための基礎でもあります。

くじける時もあります、うまくいく時もあります、でも、その波が生き甲斐になります。

うまくいっても奢りたかぶらず、失敗しても皮肉にならず、自分自身を、整えていくことが、仏教のおしえであると考えています。

人生は修行です、自分自身を修養しながら精進していきたいと思います

永代供養塔「霊應塔」

永代供養塔「霊應塔」