2018年2月19日

仏教の詩
幸も不幸も【清谷寺】2.19

幸不幸   すべての人が 幸せを求めている。 しかし幸せというものは そうやすやすと やってくるものではない。 時には不幸という 帽子をかぶってやってくる。 だからみんな 逃げてしまうが、 実はそれが幸せの正体 […]

続きを読む
清谷寺
幸せも不幸せも【清谷寺納骨堂】

人間万事塞翁が馬 幸せも不幸もいつ転ずるかわからない、安易に喜ばない事   副住職   心静かに、あるがままを見ることは大切なことです。 この世の中は、変化しているから。

続きを読む
仏教のお話
足りていることを知る【清谷寺】糟屋郡久山町

足りていることを知る   吾唯足ることを知る(われただ たることをしる) 私は、足りていることを知っている。 副住職一言 あるがままを見るためには、足りないと言って悔やむ生活、お金をたくさん持って、贅沢三昧の生 […]

続きを読む