友人からの贈り物

糟屋郡久山町にある寺院の清谷寺です

写真の、ミカンとジュースは、愛媛でミカン農家をしている友人からの贈り物です

愛媛のミカン&ミカンジュース

ありがたい事に、今年も送ってくれました

友人が一生懸命作った、ミカンとミカンジュース、まずはじめに、清谷寺本堂の仏様にお供えしてからいただきます

なぜなら、友人とのご縁があり、友人も色々な方とのご縁があってから、今、ここにミカンとミカンジュースあります

自分がいただいたでは無く、目に見えないご縁に感謝するためです。

自分がもらった、自分がしたから、自分が、自分のって言ってたら、苦しみになってしまいますよ

仏教でゆう我ですね

まぁ、そんな事は考えず

ありがたいなぁ

ありがとう、だけ考えたら幸せなんです

分け与える

お供えした後にミカンを何個かいただきました

美味しいかったです

そして、せいこく保育園の保護者の方、清谷寺にお参りにきた方などに配りました

みんなの喜ぶ顔

友人が育てたミカンですと、配っていると、ミカン美味しかったですの声がたくさん私に届いて、私も嬉しく、友人に伝えると友人も喜んでいました

みんな幸せ

友人も私もミカンをあげた方も、みんな喜ぶとゆう素敵な循環が生まれました。

そこには、私が、とゆう心が無く、食べて貰いたい気持ち、いただいた、美味しかったの素晴らしい心が、集まった結果ですね

言葉には気をつけましょう

自分がって気持ちがある時は、私が、俺が、したから、してやったからって言葉が出てきますね

そうなると苦しみ対立など悪循環です

自分に全てが帰ってきますよ

だからこそ行動で

行動で感謝を示す事が大切なんです

仏様にお供えするとゆう事は、まず、自分がではなく、仏様ありがとうございますです

感謝の気持ち言葉で始まると、私だけかもしれませんが、みんなに分けてあげたいとゆう気持ちになります

そうなると、この幸せを分け与えたくなるんです

そこからは、幸せの循環が始まりますよ

分け与える物が無いなら

ありがとうの言葉だけでも良いんですよ

何かにつけて、ありがとうで良いんですよ。

ありがとうとゆう言葉を使っていると心が楽になりますから

どんどん、ありがとうの言葉を使ってくださいね

苦しい時こそ忘れてはいけない言葉ですよ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。